大好きな器やお料理・スイーツの事をきままに綴っています。             HN:あずみ
by azumi
◎以前のブログ Azumi_Diary

Copy right(c) Azumi'sDiary all rights Reserved since 2006-2015
以前の記事
2017年 01月
2016年 09月
2016年 08月
more...
<   2007年 06月 ( 20 )   > この月の画像一覧
シャルロット・オ・アプリコ
f0065106_17174641.jpg
2度と作らないと思っていたシャルロット(笑)
先日『お菓子の家』できちんと習ったのでもう一度リベンジのつもりで挑戦!
ケーキの本を見て独学で作った前回は余計な労力を使い、へとへとになって、しかも出来は酷かったけれど、今回は冷やし固める時間を除けば3時間足らずで完成しました。80%の出来かな♪残りの20%は上手く写真ではごまかしてるけど、側面の隙間からババロアが流れ出ているところがマイナスです。これは次への宿題(汗)
f0065106_17182340.jpg

アプリコットは缶詰を使っているので、食べたい時にいつでも作れます。
お砂糖控え目でさっぱりした口当たりは、ムシムシするこの時期にびったりのスイーツでした。
今度は大好きなマンゴでやってみようかな!もちろん、宮崎産なんかじゃありません。
缶詰ですけどね~(笑)

f0065106_1718551.jpg

by azumi_diary | 2007-06-30 20:17 | Sweets | Trackback
Party!Party!
f0065106_7514448.jpg


飲んで、笑って、食べて、おしゃべりして
そこに居るみんながほっとできるような居心地の良さ

さりげなく、ナチュラル、それでいて心配りが行き届いた
ホストファミリーに迎えられたホームパーティ

心から寛げました

楽しめました

ありがとう

f0065106_7521761.jpg

by azumi_diary | 2007-06-29 08:12 | 集う | Trackback
初夏のテーブル やっと逢えました♡
f0065106_18563710.jpg
2年前、この方のブログで拝見した白磁台皿。あの時一目ぼれして即求婚(笑)

この度samanthaさんから陶芸作品展のご案内をいただき
やっと恋焦がれたお嬢様(白磁台皿)にお逢いすることができました。
お初にお目にかかったお嬢様は思った通りのお肌つるつるの色白美人さん。
どんな衣装(お料理)をお召しになっても映えそうな美しいお姿。

♡♡お待ち申し上げておりました♡♡
f0065106_18554551.jpg
こちらはまあるい柔らかい曲線のスープ碗と初夏のイメージで作られたHAPPY FLOWERと名付けられたレース状のお皿。samanthaさんの柔軟な発想と豊かな感性に脱帽!
f0065106_18521176.jpg
HAPPY FLOWERをチャームにしたペンダント。これまた素敵なアイデア♪
作品展当日、samanthaさんの胸元で揺れてるペンダントが可愛らしい事!
f0065106_1945320.jpg
涼しげな淡い青の色がとても上品な流線長皿は見た途端お料理のイメージが溢れ、気持ちが高揚(笑)こちらも婚約♡私ったら浮気性だわ~(笑)

お嫁入りが待ち遠しい今日この頃^^

器の話をなさるsamanthaさんのお顔はキラキラ輝いて眩しい。
ほんとに陶芸がお好きなんですね。
完成度が高い作品を作られても、尚、上を目指す姿勢、素晴らしいです!
by azumi_diary | 2007-06-27 21:16 | | Trackback(4)
グレープフルーツのジュレ
f0065106_12504489.jpg
ゆき先生のレッスンの時にいただいたグレープフルーツのジュレです。
フレッシュのグレープフルーツを絞って、アガーで固めたもの。
暑い夏には嬉しい冷たいスイーツですね。


訳あって今カメラが手元にありません(汗)
よって更新ができないでいます。
↑の画像はちょっと古い画像です。
by azumi_diary | 2007-06-25 21:01 | Sweets | Trackback(1)
非常事態宣言から半年・・・
f0065106_19304970.jpg

-----白胡麻のブラマンジェ-----


今年のはじめ、私の体は50年の人生の中で最重になってしまいました(涙)
このままでは、見た目ももちろん酷いですが、持っている服全部が着られなくなっちゃう。
そうなったら一大事。
そんな訳でスポーツクラブをお引越しして心機一転、頑張る宣言をしたのです(何回目?)
途中、義母が他界してちょっと中断したもののほぼ一週間に3日は筋トレマシンに有酸素マシンとスタジオ2本をこなしてます。運動後の夕方はヘロヘロ~~~、夕飯後は使い物にならずソファに寝たら最後すぐにzzz・・・ 朝は筋肉痛でヨロヨロと階下へ降りて行き一日が始まる毎日。
そんな生活を続けて早半年。
そろそろ効果がでてもいいんじゃないでしょうかっ
f0065106_19311450.jpg


なのに・・・・

なのに・・・・

悲しいかな・・・・

何の変化もなし(号泣)

これっていったいどういう事?

と客観的にスポーツクラブで顔なじみになった方を観察してみると・・・

うーーーーーーーーーーーん

あ~~~~~~~ぁぁ

そうよねぇ。。。。。。。

みんなもそれほど変わりない(爆)


f0065106_19313930.jpg

つまりは運動後のこの一口が致命傷(爆)
by azumi_diary | 2007-06-21 20:59 | 日々 | Trackback
あつあつ白玉胡麻揚げだんごは鉄羅漢と共に♪ 
f0065106_533327.jpg
先日朱の蓋碗の紹介をする時、作ったとろとろ水羊羹。
まずは小豆を煮て、漉し餡を作り、ふやかした寒天で固めて作ってます。
その残りの漉し餡で、今度は白玉胡麻揚げ団子を作ってみました。
丸めた餡を水で練った白玉粉で包み、みがき胡麻をまぶして油で揚げました。
熱々のところをハフハフ言いながら食べるのがいいんですぅ~♪

f0065106_5355241.jpg
中華菓子にはやっぱり中国茶ですね。
この鉄羅漢は岩茶の中でも香りが高くしっかりした味のあるお茶です。
お茶だけで楽しむのもいいですが、こってりした味のお菓子の後に飲むと口の中がすっきりします。今日は朱の蓋碗に鉄羅漢をいれて楽しみました。
お茶が透けて見えるのがわかりますか?わかりづらいかな?
中国の磁器はとーってもとーっても薄くて軽いんですよ。取り扱いに要注意。なので家族からはあまり使わないでーと言われてます(笑)

f0065106_5361084.jpg
白胡麻と黒胡麻を5個づつ作ったものの・・・
包んだ白玉が多すぎて・・・ボヨヨ~~~ンとなった揚げ団子も(汗)
味は一緒だから、ま、いっかぁ(爆)

娘と二人でほとんど食べちゃった~(汗)
これだからジムで汗流してもダメなのよね・・・
by azumi_diary | 2007-06-20 05:41 | Sweets | Trackback(1)
こんな父の日
f0065106_17431636.jpg
今日は父の日。
オットは朝から意気揚々とゴルフ場へ(笑)
私はオットのリクエストに応えて穴子の押し寿司を仕込みました。
夜不在の娘は一足お先にお昼に食べたので、その時の画像です。
プレゼントも兄妹を代表して、ワインと焼酎を昨日のうちに進呈。
今日は夫婦だけの父の日です(爆)
今から作るのは、グリーンアスパラのお浸しと筑前煮。
後はごま鯵とあぶり鯛のお刺身。
f0065106_1744166.jpg

本当は穴子一尾の握り寿司(某寿司屋さんのまねっこ)をしたかったけど
4尾しか買えなかったので仕方なく押し寿司に。

やった事ないので見よう見真似で作りました。
まずは湯引きした後、白焼き+自作のタレを塗ってまた焼きます。
焼きあがった2尾をラップを敷いたとよ型の底に互い違いに並べて酢飯を乗せて
ラップで包んでから、ぎゅっぎゅっと押します。
さらに、取り出して巻簾でもう一度〆直して出来上がり。
酢飯にはしょうがと胡麻が入ってます。
初めて作った穴子の押し寿司、形がいびつでした~(汗)

今日は曲げわっぱの飯切りを器代わりに♪
f0065106_17443679.jpg

by azumi_diary | 2007-06-17 17:57 | Trackback
Bread&Sweets
f0065106_9481166.jpg

umakanaさん、keikoさん、haruさん、chakoさん
ご馳走様でした!

by azumi_diary | 2007-06-17 09:49 | Trackback
景徳鎮 蓋碗
f0065106_212887.jpg
TEAsiaさんで購入した景徳鎮の蓋碗です。手描きの桃が可愛いでしょう。
一客しかなかったので、小さなお茶碗も一緒にいただきました。
f0065106_21284074.jpg
中国茶は、このように碗に直接茶葉を入れてお湯を注ぎ蓋をし、少し蒸らした後、蓋をずらしてそのままいただきます。時にはこの蓋碗を急須代わりにして、小さな碗に入れて飲んでもいいそうです。今回は一緒に買ってきたドライ梅(オレンジ色)とナッツ(緑)の入れ物として♪
f0065106_2129347.jpg
こちらは武夷岩茶の『鉄羅漢』です。香りが豊かで、しっかりした味のお茶。
岩肌に育つお茶で、ミネラル分が多いそうです。
f0065106_21293798.jpg
景徳鎮ではないのですが、この朱の色に魅せられて持ち帰りました♪桃の蓋碗に比べるとプリントなのでかなりお手ごろ価格。碗の直径は8㎝弱の小さな蓋碗です。
f0065106_21295599.jpg
茶器としてより、お料理用の器として使いたいと思ってます。
左は冷製パンプキンスープ、右はとろとろ水羊羹。
by azumi_diary | 2007-06-13 07:00 | | Trackback(2)
魔都 上海
f0065106_192616.jpg
f0065106_19261677.jpg

20年前に比べ、すっかり様変わりした上海ですが、以前も今も魅力ある街。
観光で訪れるより、生活するとその良さがわかるような気がします。
今回の旅は、私たち親子にとって想い出に残る実りある旅となりました。

これで上海レポートは終わりです。長らくのお付き合いありがとうございました。

f0065106_19263234.jpg

by azumi_diary | 2007-06-12 19:39 | | Trackback