大好きな器やお料理・スイーツの事をきままに綴っています。             HN:あずみ
by azumi
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
◎以前のブログ Azumi_Diary

Copy right(c) Azumi'sDiary all rights Reserved since 2006-2015
以前の記事
2017年 01月
2016年 09月
2016年 08月
more...
お気に入りブログ
そうだ 奈良・京都へ行こう。 京都の美味しい処
京都でいただくお昼とお茶の場所は京都の食の達人、月ちゃんぐーちゃんにすべてお願いしました。
あいにくの雨模様で京のそぞろ歩きは出来ませんでしたが、今回は5人(rainyちゃん、月ちゃん、ぐーちゃん、相方ちゃん、私)の修学旅行が目的なので、それも良し(笑)
美味しい物を食べ、お喋りする事に専念しました!
f0065106_9214244.jpg

ここは祇園にある「山玄茶」というお店。
通されたのは2階奥の個室。これで私たちのかなり騒々しいお喋りも遠慮なく出来ます(笑)
出されたお食事はどれも京料理ならではの美味しい出汁と美しい盛り付けの絶品揃い。
仲居さんがお運びしてくださる度に、一斉にカメラを持つ私たち。。。傍から見ると異様だろうな。でも個室だからそれも問題なし!ゆっくり撮らせていただきました!


f0065106_10274940.jpg

しっかりお昼をいただき満腹になりましたが、甘いものは別腹(笑)
次なる目的は「わらび餅」です。
ここは、老舗旅館俵屋が経営する「遊形 サロン・ド・テ」
奥まったテーブルに通されて、頼んだのは、わらび餅と抹茶のセット。
さすが、京都のカフェらしい~♪
出された土瓶は村田森さんのもの。お隣の遊形ギャラリーに置いてありました。
さすが、京都出身の作家さんだわ~。

フルフルのわらび餅を堪能しながら、私たちのお喋りはまだまだ続きました。

いよいよ、次は、最終章・・・
by azumi_diary | 2008-06-24 10:11 | 集う | Trackback(3)
トラックバックURL : http://azumidiary.exblog.jp/tb/8460057
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from La table d.. at 2008-06-24 11:00
タイトル :  京都で楽しむ♪ (関東マダムを迎えてvol.5)
奈良での興奮が冷めないまま、場所を京都へ移して私たちの楽しい集いは続きます。 夜遅くまで盛り上がった前夜のことも考慮して、集合時間は午前11時30分。 これには緻密な計算がされています。 お昼の食事の予約が12時。確実に遅刻するであろうあの方の行動を見越して、30分早く設定しました。予測どおり、想定内の遅刻・・・・・・・12時に現れました。 お付き合いも深くなると、かなりの精度で行動が読めるようになります。笑 rainyちゃんが到着するまでは、新門前の骨董街を散策して楽しんでいた...... more
Tracked from La table d.. at 2008-06-24 11:03
タイトル : 午後はおやつとお買い物 (関東マダムを迎えてvol.6)
食事を済ませたばかりだけど、まだまだおしゃべりは尽きない。 5人がタクシーに分乗して移動した先は「遊形 サロン・ド・テ」。 ここは旅館俵屋さんのお店。すぐ横にはギャラリー遊形もあります。 5人席が空くのをギャラリーで待って、どっかりと奥の席を陣取りまたまた楽しい時間の始まりです。 全員が仲良く俵屋特製の「わらびもち」を注文しました。 ダイエッターのrainyちゃん、最初は別のものを選んでいましたがみんなが選ぶと流されちゃいました。笑 関西勢は、ほうじ茶。関東勢は、お抹茶。意外に...... more
Tracked from Greedy Days at 2008-06-29 10:44
タイトル : ビッグブロガーさんご入洛(京都編 最終章)
抜け殻状態で10日も経ってしまったのに最終章が・・・・。 今頃ですが続きを 「山玄茶」でお腹いっぱいになってもデザートは別腹。 次の場所まではタクシーに分乗して向かいました。 途中であの方御用達でいつもぐびぐび呑んだりガツガツ食べてるお店の前を通りました。 rainyちゃんに「ここよ。あの方がガッツリ食べてるお店は」 と言うと「ここも行きたいね~」って。 お腹いっぱいでも次に行きたいお店をチェックする余裕。(爆) 「遊形 サロン ド テ」でもお喋りは続きます。 出てき...... more
<< そうだ 奈良・京都へ行こう。 ... そうだ 奈良・京都へ行こう。 ... >>