大好きな器やお料理・スイーツの事をきままに綴っています。             HN:あずみ
by azumi
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
◎以前のブログ Azumi_Diary

Copy right(c) Azumi'sDiary all rights Reserved since 2006-2015
以前の記事
2017年 01月
2016年 09月
2016年 08月
more...
お気に入りブログ
上海の晚饭 
今回の旅でもう一つすごく楽しみにしていたのは・・・『食』
旅行が決まるやネットの検索を駆使していろいろチェックし、住所と地図をプリントアウトして検討。数箇所に絞って備えました。
ところが実際には女二人だと一度の食事でたくさん食べられない上に、一度食べるとあまりお腹が空かない娘・・・。お茶さえ要らないという始末。3泊4日と言っても、夜到着し、朝発つので自由時間は中2日だけ。結局、行けたのは4箇所だけ・・・トホホ。
f0065106_1646875.jpg
その内の一つ。こちらは翡翠酒家。上海の新しいプレイスポット「新天地」にお店を構える広東料理専門店。ふかひれのスープや北京ダック、炒豆苗などオーソドックスなお料理だけどどれも美味しくいただきました。店内が暗くて上手く写っていません(涙)
f0065106_16464266.jpg

こちらは上海でぴか一と言われているイタリアンレストラン「Damarco(大馬可意大利餐庁)」。お昼にTEAsiaさんから教えてもらったイタリアンへ行ったら午後の休憩(当然です、2時半でしたから)だったので諦めて、こちらを予約。それまで、ハーゲンダッツでアイス食べたり、スタバでお茶飲んでお腹を持たせました(笑)。広い店内からは緑の中庭が見えてとってもいい感じ。スタッフのサービスも行き届いていました。私達が住んでいた頃と言えば、日本食のお店が数店舗。イタリアンはヒルトンの中に一つ。タイ料理も一つ。韓国焼肉屋さんも一つ・・・ 今回は街を歩けば各国の料理の看板を見かけましたし、どこもきれいな店構えで美味しそう。上海はほんとの国際都市になったんだな~と実感しました。

余談ですが、海外用の携帯を借りる時に「中国はアクセスポイントが少ないので通じにくいですけどよろしいですか」と言われました。でも何かあった時のためのお守りと思って了解し持参。通訳のSさんに連絡する時も、TEAsiaさんにかける時も、イタリアンレストランに予約する時もまったく通じず、イライライライラ・・・・結局公衆電話からかけたんですが・・・後で確認すると電池を裏返しに入れていたんです。通じるはずないわー(汗)気がついたのは帰る前日の夜(笑)外灘の夜景をうっとり眺めながら留守家族への電話を一本。
たったのそれだけでした(爆)
by azumi_diary | 2007-06-12 17:36 | | Trackback
トラックバックURL : http://azumidiary.exblog.jp/tb/5595238
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 魔都 上海 素顔の上海 >>