大好きな器やお料理・スイーツの事をきままに綴っています。             HN:あずみ
by azumi
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
◎以前のブログ Azumi_Diary

Copy right(c) Azumi'sDiary all rights Reserved since 2006-2015
以前の記事
2017年 01月
2016年 09月
2016年 08月
more...
哀しき上海 その3 公共汽車
f0065106_163210100.jpg
------豫園付近のバス停------

上海に住んでいた15年前にはマイカーなんてほとんどありませんでした。
庶民の普段の交通手段と言えば自転車かバイク、あとは公共汽車(バス)。
駐在員やその家族は運転手付きの車かタクシーまたはホテルのシャトルバスの利用がほとんどでした。
私は子どもの通園はもちろん(通学はスクールバスがありました)、会食やお買い物、市場への買出しもすべてタクシー。時には郊外のゴルフ場へもタクシーで行き5,6時間待たせるなんて事もありました。ある時、どうしても公共汽車に乗ってみたくて挑戦。今にもエンストしそうなぼろぼろの車体、どこへ行くかも分からず、扉付近まで人が溢れ、扉は閉まらず、いつも満員状態の公共汽車に乗るのは無謀と言えば無謀。やっと乗ったと思ったら、今度は降りたくても降りられないんじゃないか・・・。でも実際乗ってみると面白い事に料金は車中で人伝に車掌さんに渡り、降りたいと言えば、それを伝言ゲームのように伝えてくれてちゃんと降りる事ができたんです(笑)ちゃんとルールが出来ていたんですね。
当時の料金は2角(3.6円)

今回も娘と一緒に乗ってみよう!そう決めて行ったのですが。。。。

f0065106_16313888.jpg
見てください!!!このすっきりとした公共汽車を!!!
しかも空調車!(エアコンが効いてない公共汽車もあるそうですが)
f0065106_16323168.jpg
車内はガラガラ。キレイなシート。
f0065106_16352611.jpg
ここでも料金の支払いはPASMOのようなICカードがほとんど。私達は現金で2元(約32円)の支払い。車掌さんに行きたい場所を告げると「着いたら教えるからね」って!親切♪
今回河南南路⇒南京東路、南京東路⇒瑞金2路、延安西路⇒愚園路、愚園路⇒中山東2路の4本に乗りました。
f0065106_16311214.jpg
-----静安寺そばの歩道橋より-----

そして中国と言えば自転車・自転車・自転車のイメージ。
自転車の波の中を車が縫うように走っていたはずが、今では車の渋滞が深刻な問題に。

時代は変わる・・・嗚呼、ここでも実感(笑)
by azumi_diary | 2007-06-09 18:16 | | Trackback
トラックバックURL : http://azumidiary.exblog.jp/tb/5570192
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< TEAsia   長楽路@上海  哀しき上海 その2 懐かしの乌... >>