大好きな器やお料理・スイーツの事をきままに綴っています。             HN:あずみ
by azumi
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
◎以前のブログ Azumi_Diary

Copy right(c) Azumi'sDiary all rights Reserved since 2006-2015
以前の記事
2017年 01月
2016年 09月
2016年 08月
more...
哀しき上海 その2 懐かしの乌鲁木齐南幼儿园
f0065106_18510.jpg

今回の旅の目的の一つは娘が小さい頃通っていた幼稚園への訪問。
今娘は卒論のテーマ『幼児教育』の資料集めの真っ最中。
そこで自分が通っていた上海の幼稚園をもう一度見てみたいと思ったのです。

娘は3歳から6歳まで中国の幼稚園に通いました。日本の幼稚園の経験はありません。当時の中国の幼稚園は日本の幼稚園とはまるで違っていました。お散歩と言っても整列して手を繋ぎ園の中をまるで行進するように歩いたり、1人の園児がみんなの前で杜甫や李白の詩を暗唱したり、足し算や引き算の練習をしたり・・・。壊れたガラス窓はそのままの遊戯室や魚の骨のスープや石の入ったご飯や臭い豆乳や包子の給食。遊戯室の床に布団を敷いてのお昼寝タイム。日本では考えられない事ばかり。
そんな園生活でも本人にとっては懐かしく、愛おしく、是非にと、以前お世話になった通訳の方を通してアポイントを取りました。

ところが・・・・
南翔饅頭店と同じく。。。。月日の流れとは皮肉なもの。
以前の幼稚園の面影はまるでなくなっていました。
2000年に建て替えられた幼稚園は設備が整った最先端の建物に変わっていたのです。遊戯室、工作室、食事室、寝室(中国ではお昼寝付きが普通なんです)、アスレチックルーム、サロンetc・・・
変わったのは建物ばかりではありませんでした。
以前、娘が通っていた頃のお絵かきの時間は、まず先生が見本を描き、それによりそっくりな絵を描けた子が『五角星』という日本で言う『花まる』を貰っていました。でも今は違います。それぞれの子の自主性を重んじ、工作したい子は工作を、絵を描きたい子は絵を、字の練習をしたい子は字をとそれぞれ同じ時間に好きなカリキュラムを選べるのだそうです。
なんとフレキシブルなんでしょう!!型にはめる教育ではなくなっていました。

ひえ~~~っ!すごい変わりよう・・・言葉がありませんでした。

f0065106_173891.jpg

余談ですが
ある年の児童節の前日、園から「とびっきりのきれいなお洋服を着せてください」と言われ「コムサ・デ・モード」のセーラーカラーのワンピースに黒のソックスと黒のシューズで登園したら「なんて可哀そうに・・・どうしてキレイなピンクや赤の服を着せてもらわなかったの・・・・」と言われたんです(笑)当時はそんな時代だったんですね。
ところが今はどうでしょう!!!
モノトーンや色を抑えた服がほとんど。
光沢あるサテンの赤や黄色やピンクのワンピースや水色のズボンは消えていました。
ある著名人の講演で発展途上国は原色を好み先進国になるほど色の好みがモノトーンに近くなると聞いた事がありました。納得です^^

*この日は駐在時にお世話になっていた通訳の方について来てもらいました。
こんな話、私の中国語のスキルで理解できるはずないですもんね(爆)

f0065106_182028.jpg

1.幼稚園の入り口の所にぴったりバイクが止まっていて園名を写せず(涙)
2.入り口でICカード認証し出欠を管理するシステム。
早退や薬のマークがあり父兄がそれを押して園に管理を任せるそうです。進んでる~!
3.お迎えに来た父兄のためのサロン
4.園の玄関
5.外人クラスの風景、娘が通っていた頃は全体で数人しか居なかった外人(日本人も含む)。今は5クラス(1クラス30人弱)というからびっくり!
6.工作用の部屋。いろんな材料が置いてあり好きな物を使って自由に工作をするそうです。
7.幼児が壁に書いた絵。空間がなくなると壁の上方から水が流れてきて消すのだそうです。これにもびっくり!!
8.園内の廊下。ここは日本と一緒。可愛らしく演出してありました。
9.きちんと並べられた歯ブラシセット。以前はこんなものなかった。衛生面もかなり改善されています。
10.トイレもキレイになっていました。でも相変わらず扉はなく、溝が一本通っているだけ。この溝にまたがって用を足します。これは変わってないわ。
11.かなり広いアスレチックルーム。すごすぎ!!!
by azumi_diary | 2007-06-09 18:13 | | Trackback
トラックバックURL : http://azumidiary.exblog.jp/tb/5566996
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 哀しき上海 その3 公共汽車 哀しき上海 その1 南翔饅頭店 >>