大好きな器やお料理・スイーツの事をきままに綴っています。             HN:あずみ
by azumi
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
◎以前のブログ Azumi_Diary

Copy right(c) Azumi'sDiary all rights Reserved since 2006-2015
以前の記事
2017年 01月
2016年 09月
2016年 08月
more...
Mont Saint Michel  空腹に耐えた日(笑)
f0065106_1822045.jpg


今回の旅はエアチケット・ホテル・列車の乗車券・ヴェルサイユ宮殿の入場券
などすべてを個人で予約しました。
モンサンミッシェルバスツアーは7月の初めにネットで申し込み
クレジットで代金を支払い準備万端!

前日ホテルのTVで見た天気予報はまずまず。
集合時間は7時15分なので遅れないよう、早めにシャワーを浴びて休みました。

ところが・・・・・

夜中の一時ごろでしょうか?
腹痛で目が覚め、トイレへ(笑)
そこへオットも同じ症状で起きてきてそれからが大変。
交互にトイレに駆け込み、用を足し(笑)の繰り返し。
うとうとするとキリキリと刺すようなお腹の痛みで目が覚めるといった状態が
しばらく続きましたが、持参したお薬を飲んでからは少し治まってきました。

せっかく予約したツアー・・・行こうか行くまいか・・・悩むところ。

「無断キャンセルするとツアー会社に迷惑かけるから、とりあえず行こう!」ということで
宿泊先のホテルの目の前の集合場所へ。
ガイドさん(日本人です)に事情を話すと、バスの中にトイレがあるから、緊急の場合は使えるとわかり参加することになり、予約確認したら・・・


名簿に名前がない!!!

まさか?!

プリントアウトした予約票を見せるとガイドさんが慌てて
オフィスに問い合わせし、会社側のミスだと判り、
こういう事がよくあるらしく、予め空席を確保してあったので無事、解決!
参加出来ることになりました。
この騒ぎで腹痛の事も忘れちゃってました(笑)

かくして、モンサンミッシェルへ出発。

3時間位乗っていたでしょうか?
ほとんど寝ていた私たちは、他の乗客の歓声で目が覚めました。

これが、世界遺産、Mont Saint Michel なのね~!!!感動!!!



f0065106_183383.jpg


バスの駐車場から歩いて5,6分ほどで入口に到着。
晴天で気温はぐんぐん上がり、汗ばむ陽気。
そんな中、飲まず食わずの私達はすでにへとへと(汗)
坂道や階段を上る足取りも重く・・・
ガイドさんの声が遠くに聞こえます・・・



f0065106_1832191.jpg


修道院の眼下に広がる牧草地。





f0065106_1833861.jpg


まるで江の島のような参道。
観光地は何処も同じ・・・もっと神秘的な所だと思っていただけに・・・






f0065106_1824662.jpg


こちらは、ランチ付きツアーで食べるはずだったモンサンミッシェル名物のオムレツ。
目の前にありながら・・・見送りました、二人とも。
だって・・・トイレ事情が最悪な観光地でお腹下したら悲しいもんねー。


ということで、飲まず食わずの12時間。
でもそのお陰でトイレに駆け込む事はありませんでした~。


モンサンミッシェルの思い出・・・・空腹に耐えた一日(笑)

次回は、モンサンミッシェルの見えるホテルに宿泊して
ライトアップしたりもやの中の幻想的な姿を鑑賞したいものです。
それに、食べられなかったオムレツも・・・
食べた人に訊くと・・・もう十分だって言ってたけど(爆)
by azumi_diary | 2010-11-05 21:30 | | Trackback(2)
トラックバックURL : http://azumidiary.exblog.jp/tb/14924990
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 丁子色 at 2010-11-06 19:31
タイトル : 天使の島に立ち寄って
「フランスの旅SPECIAL EDITION」のタイトルの表紙はそれこそ、マジックアワーのモン・サン・ミッシェル、幻想的❤~~だったのですが・・・。 島の入り口から、大天使ミカエルを見上げて、修道院、要塞、そして、監獄として 時代に翻弄されてきた歴史は言うまでもなく圧倒され、いざ、島へ。           (入り口から両サイドにお店、これもまさに観光地、夫「江ノ島みたいだな」とつぶやく。) この日、パリのノルマンディー地方は夏日、この青空、早朝パリを出発し...... more
Tracked from 神戸 original .. at 2010-11-10 09:27
タイトル : フランス紀行 Ⅱ
フランス二日目はトゥールの街を後に、モンサンミッシェルへ。 絶景の世界遺産モンサンミッシェル修道院は、ロマネスクとゴシックの 二つの様式で作られた、幻想的な風景の中に聳え立っております。 夜明けのモンサンミッシェルは、さらに神々しく美しい空と溶け合って シルエットを浮かび上がらせてくれました。 (ぼけぼけやけど~~~笑) 修道院の食事は当時からとても質素なものだったらしく、 今でもそのオムレツはここの名物として観光客に人気です。 卵白を強く泡立てたスフレ状のオムレツは観...... more
<< Thé de Dammann ... L’appartement d... >>